40代オヤジと19歳美少女JDのネットナンパ即はめ体験談

出会い系で見つけた、東海地方に住んでいる19歳女子大生。はっきりいって、美少女。こんな子がアラフォーオヤジと行きずりでセックスしてくれるなんで、夢のようだね。

見つけたのはいつものPCMAX。すぐ会いたいカテゴリーで探して、即アポ成功。

はっきりいって、即アポ(数回のメッセージで会う約束をすること)を実現させるためのテクニックなんて、存在しない。すぐ会いたいという書き込みをひたすらチェックして、だれよりも早くアプローチするだけ。

手間はかなりかかってる。でも、アラフィフのオヤジが可愛い女子大生とセックスできるんだから、どれだけ手間かかっても平気だと思わないか?

援交ではないから、コストはサイトでのメッセージにかかる料金だけ。2000円もいかないくらい。ホテル代のほうがはるかに高いってことw

ってことで、ゆうこちゃん(仮名)とは、某駅前の大きな時計の前で落ち合うことに。

かなり人通りの多い場所だけど、かえって目立たないからお互いにとって都合がいいのさ。人気が少ない中でアラフィフの19歳の組み合わせでは、怪しまれちゃってしょうがないだろう。

もっとも、私の見た目が完璧にオッサンなので、親子くらいにしか見えない気もする。

待ち合わせは、ラインでこっちの服装を伝えてあったから、スムーズに合流できた。見た目どおりの清楚系美少女で、かなり緊張している様子。

緊張している子を即ホテルに連れ込むのも、なかなか興奮度が高くて楽しい。でも、待ち合わせが14時と時間が早かったから、ちょっとカフェでお茶でもすることに。

緊張をちょっとほぐして、なにかとやりやすくっていう魂胆も、あるw

ド緊張したままホテルに入ると、和らげてあげるためにジェントルな雰囲気でコトを始めることになってしまう。

これが、多少でもリラックスできていたら、服を脱いでもらって下着姿をちょっと撮影、なんてことがやりやすくなるんだ。

エロオヤジ目線で、どうもすいませんw

てことで、近くのカフェでゆうこちゃんの普段の話なんかを聞いたりして、少しリラックスムードに。もちろん着地点は恋愛話で、最後にセックスしたのはいつなの?なんて話題にスムーズにつなげていきます。

ひとしきりリラックスした後は、さっそく近くのホテルへ。

カフェでワンクッション置いたおかげで、移動中はそこそこリラックスした感じにはなれた。でも、いざホテルへ入ることになると、やっぱり緊張がもどってくる。

もちろんこっちも同じように毎回かなり緊張するんだが、軽く打ち解けた後だからリラックスするのも早い。部屋につくころには、なんとか緊張もほぐれて軽くリードできるくらいの落ち着きを取り戻してきた。

少しずつ服を脱がせながらひとしきり楽しもうと、上から順に裸にする。

そのまま普通にプレイしたのでは、せっかく緊張を解くように工夫したのに、面白くないなと。

そこでオナニーを見せて、といってみると、なかなかに激しいものを披露してくれた。

立ったまま足を開いて自分で指マンw

なんだこの子、清楚じゃなかったわw

いや、普段おとなしめで清楚な感じの人ほど、真面目な職種についている人ほど、エロに場になると突然変わってしまうことが多い。そういえばそうだ。この子もそのタイプだったか。

もちろん、清楚な美少女がエロく変化した姿は、世界中の男の大好物であるw

すっかりオナニーに没頭して、ずーっと自分の指でかき回しているゆうこちゃん。

きゃしゃな手が自分の一番エロい部分を熱心にしげしている姿は、それはもう何よりも興奮するかもしれない。こんな姿、なかなかみれるもんじゃあない。

ここまま眺め続けるのもあれ何で、ちょっと疲れてきた様子のところで、フェラしてもらうことに。

若いからあんまり上手ではないけれど、熱心になめまわして吸い付いて、ペロぺろじゅぼじゅぼしてくれた。

上手でなくても、かわいい子のフェラってやっぱり気持ちいいよね。ルックス次第で、気持ちよさが倍増するのは誰もが一緒なんだろう。

挿入は、やっぱりゴムありだった。その辺はちゃんとわきまえていて、育ちの良さを感じるところだ。

まずは正常位、それからバック、騎乗位はどうやって動けばいいのかわからないみたいでかなりぎこちない。それがまた可愛いじゃないかw

ゴムの中にフィニッシュしてからは、シャワーを浴びてあっさりお別れ。普段なら、またねって言うだけでお別れするんだが、この子ならちょっと食事して余韻を楽しんでもよかったかもしれない。

次に会う約束は、またラインで頑張ろう。